ガーデニング

草刈りの方法と効果|シーンによって使い分けよう

芝生の正しい手入れ方法

芝生

子供がいるご家庭では庭を芝生にしているところは珍しくありません。芝生の魅力と言えば見た目の綺麗さはもちろんのこと、クッションにもなるので様々な衝撃を吸収してくれます。子供が庭を走り回ってこけたとしても、けがをするリスクを抑えることができるのです。また、芝生は水分を大量に含むことができるので、夏の暑い日などに太陽の熱を吸収して涼しくなるというメリットがあります。しかし、芝生は便利な反面お手入れが大変です。芝生を綺麗に維持するためには、芝刈り・除草・水やり・肥料が重要です。まず芝刈りのタイミングですが、春や秋は芝生の生育期といってすぐに伸びてきます。そのためこまめに芝刈りをする必要があります。葉っぱの部分を刈りすぎると白い部分が露出して見栄えが悪くなるので、刈りすぎないように注意して手入れをしましょう。芝生の成長に欠かせない水やりは朝や夕方の涼しい時間帯にたくさんあげてください。水やりの頻度ですが、春は3~4日に1回ほどで、夏は毎日あげるようにしましょう。住んでいる地域の気候によっても変わってくるので、臨機応変に手入れをする必要があります。そして、芝生の成長にもう一つ欠かせないのが肥料です。3~4月は月に1回、5~8月は2か月に1回肥料をまくと良いでしょう。また、芝生の除草に関しては芝生の間から生えてくる雑草をこまめに取り除いて手入れをすることが大切です。除草剤を使うという方法もありますが、除草剤が効く雑草と効かない雑草があるので、できれば手で引き抜くようにすると良いでしょう。お手入れは大変ですが、慣れてしまえば簡単です。快適な生活を送るためにも芝生のお手入れは正しい方法で行ないましょう。