男女

草刈りの方法と効果|シーンによって使い分けよう

芝生の正しい手入れ方法

芝生

庭に綺麗な芝生があると気持ちが良いですし、子供が走り回ってもけがをする危険が少ないので安心して見ていられます。しかし、正しく手入れをしていないとすぐに芝生は枯れてしまうので、正しい手入れ方法を把握しておきましょう。

詳しくはこちら

草刈りは業者に依頼しよう

草刈りの道具

家や空き地の草刈りは意外に時間がかかります。草刈りは草を刈るだけでなく、刈った草の後片付けもしないといけないので大変です。業者だと後片付けも防草対策もしてもらえるのでおすすめです。

詳しくはこちら

剪定の基本を学ぼう

剪定

庭木の剪定は木を健康に保つことができるといったメリットがたくさんあります。庭木を自分で剪定しようと思ったら、まずは剪定の基本を知っておくと失敗せずに済むでしょう。

詳しくはこちら

効果を見極めて方法を選ぶ

草刈りする人

家の周りに生えた雑草は家の見た目を悪くしてしまいます。雑草が伸びてきたら、一刻も早く草刈りをしたいところですが、ひとことで草刈りといってもその方法や効果は様々です。そこで、草刈りの方法とその方法にはどんな効果があるのかまとめてみました。まず一つ目の方法は「草むしり」です。特にこれといって道具を使うわけでもなく、自分で手を使って抜く方法です。きちんと根っこから抜くため雑草が再び生えることはありませんが、草を抜いた時にその草の種が落ちることがあります。種が落ちるとそこから新たに雑草が生えてきてしまうので、草むしりの時は注意が必要です。また、限られたスペースであれば草むしりでも問題ないですが、広い面積をするには効率の悪い方法といえます。二つ目の方法は「鎌」です。根元から草刈り用の鎌で刈っていきます。庭のようにちょっとしたスペースは小型の鎌、広い場所では大鎌を使って草刈りをすることができます。この方法は草の根っこが残ってしまうのでまた生えてしまうという欠点があります。三つ目の方法は「草刈り機」です。広い土地での草刈りに最適で、電動式やエンジン式のものが一般的です。簡単に草刈りができるというメリットはありますが、草刈り機の刃に小石が当たって飛んでくることがあるので気を付けましょう。四つ目は「除草剤」です。草を枯れさせる薬剤を散布する方法で、広い範囲の除草に向いています。草刈り機同様簡単に草刈りができますが、正しく扱わないと体に悪影響を及ぼす危険があるので十分注意する必要があります。このように草刈りの方法は様々なので、シーンによって使い分けをすることが大切です。